オトナの関係は早すぎた?!コドモだったわたしも「お持ち帰り」されました

職場の女性上司に誘われて参加した、年上ばかりが集まる合コン。全員が30歳前後で仕事のキャリアも安定しており、遊び慣れていて優しい「オトナ」な会でした。初めて集まったときに皆で意気投合し、同じメンバーで定期的に飲み会を開催するような仲になりました。

何度か会ううちに「オトナ」達には自然とカップリングが生まれ、決まったふたりが毎回隣り合って座ったり、一緒に帰ったりする姿を見かけるように。わたしも気になる男性がいましたが、歳も離れていて皆わたしを子ども扱いだし・・・と諦めていました。

そんなとき、例によって皆で集まった帰り道。それぞれのカップル達が思い思いの方向へ帰っていく中、わたしもひとり帰ろうかと駅まで向かい始めたときに、気になっていた男性からぐいっと手を引かれ、「○○ちゃんは、こっち」と、一緒のタクシーに乗せられました。憧れていた大人の男性の急なアプローチ、あれほどどきどきしたこと、きゅんとときめいたことはありません!!

しかし、恋愛経験が少なく、男性とベッドを共にしたことも皆無だったウブなわたし。タクシーの中でどんどん緊張が高まり、何故か不安に襲われ、拒絶モードになってしまいました。誘われるまま彼の家までついて行ってしまったものの、心の中では泣きそうに焦っていて…。彼のシャワー中、こっそり抜け出て帰ってしまいました。

もちろん彼とも、そのメンバーとも、それっきり。オトナな恋に付いて行けなかった、苦く甘酸っぱい思い出です。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *